誰もがなる可能性の高いうつ病について知っておこう

本人との接し方

うつ病のような精神疾患患者は今後ますます増えていく

最近よく聞かれるようになったのが「心の病気」、いわゆるうつ病です。家事や仕事のストレスが原因で精神的に負荷が掛かった場合に起こりやすいと言われています。そんなうつ病が今後どうなっていくのかを調査してみました。 うつ病のような精神疾患により病院に通っている人の数は300万人を超えると言われています。このような病気は怪我のように目に見えるものではないので、なかなか治療が難しいのが現状です。また、うつ病でも最近では「新型うつ」のように新しい病状も出ており、今後も患者はさらに増えていくものと予想されます。 自分や身近な人の症状を見ていて、もしかしたらうつ病かもと思ったら、なるべく早く病院で治療を受けるようにしてくださいね。

患者さんを励ましてはいけない

身近な人がうつ病に掛かって治療中の場合、どのように接したらいいのか分からなくなってしまいますよね。接し方には注意すべきことがあります。 うつ病に掛かってしまうと、普通の人であれば当たり前に出来る行動(例えばご飯を食べたりお風呂に入ったり等)が出来なくなってしまうため、うつ病に掛かっている本人は「自分は駄目なんだ」と思いがちです。そんな人を見て、頑張って等の励ましの言葉を掛けてしまうのは、患者さんの気持ちを余計に追い込んでしまうためNGです。「焦らなくても大丈夫、今のままでいいんだよ」と優しく話しかけ、そっと見守ってあげてください。 うつ病はなかなかすぐには治療の効果が出ず、完全に治るまでには時間の掛かる病気です。しかし焦ったりせず上手に付き合っていきましょう。

ページのトップへ戻る